東京都環境局のホームページではJavaScriptを使用しています。
JavaScriptの使用を有効にしていない場合は、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。
お手数ですがJavaScriptの使用を有効にしてください。

このページの先頭です サイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

光热发电

ページ番号:739-364-774

更新日:2019年12月27日

光热发电 亿利

 東京都は、2019年5月、U20※東京メイヤーズ・サミットで、世界の大都市の責務として、平均気温の上昇を1.5℃に抑えることを追求し、2050年にCO2排出実質ゼロに貢献する「ゼロエミッション東京」を実現することを宣言しました。
 このたび、その実現に向けたビジョンと具体的な取組・ロードマップをまとめた「ゼロエミッション東京戦略」を策定しました。
 併せて、重点的対策が必要な3つの分野について、より詳細な取組内容等を記した「東京都気候変動適応方針」「プラスチック削減プログラム」「ZEV普及プログラム」を策定しました。

ゼロエミッション東京戦略の表紙イメージ

ゼロエミッション東京戦略   ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。全文(PDF:16,552KB) ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。概要版(PDF:2,143KB)

東京都気候変動適応方針    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。全文(PDF:12,749KB)  ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。概要版(PDF:496KB)

プラスチック削減プログラム  ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。全文(PDF:2,955KB)  ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。概要版(PDF:644KB)

ZEV普及プログラム      ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。全文(PDF:3,876KB)  ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。概要版(PDF:576KB)

乌特拉中旗太阳光热发电项目

  • 近年、巨大なハリケーンや山火事が世界各地を襲い、日本でも豪雨による土砂災害などで甚大な被害が発生しています。気候変動の影響は身近な生活に及んでおり、世界全体が危機的状況になっています。
  • 世界全体がかつてない変革を求められる歴史的転換点「パラダイムシフト」にある今、「脱炭素化」に向けて、国に先駆けた都市や企業の動きが世界中で活発化しています。
  • 東京都は、世界の大都市の責務として1.5℃を追求し、2050年までにCO2排出実質ゼロに貢献する「ゼロエミッション東京」を実現することを、2019年5月に発表しました。

光热发电耗水

 東京都は、今、直面している気候危機を強く認識し、具体的な戦略をもって、実効性ある対策を講じるとともに、全ての都民に共感と協働を呼びかけ、共に、気候危機に立ち向かう行動を進めていくことを宣言します。 

2018年光热发电

  1. 気候変動を食い止める50mw槽式太阳能光热发电项目、既に起こり始めている影響に備える川润液压 光热发电液压驱动单元
  2. 50mw槽式太阳能光热发电项目都外のCO2削減にも貢献
  3. 省エネ・再エネの拡大策に加え、プラスチックなどの資源循環分野や自動車環境対策など、乌特拉中旗太阳光热发电项目

光热发电有关政策

  • 都の特性を踏まえ、6分野14政策に体系化し、2050年に目指すべき姿(ゴール)とロードマップを明示
  • 2030年に到達すべき17の主要目標(ターゲット)と、その目標を上回るよう進化・加速する具体的取組「2030年目標+アクション」(47項目・82のアクション)を設定
  • さらに、2030年以降の飛躍的なステージアップに必要なシステム・イノベーションを提示
ゼロエミッション東京戦略の体系

エネルギーセクター

①再生可能エネルギーの基幹エネルギー化

②水素エネルギーの普及拡大

都市インフラセクター(建築物編)

③ゼロエミッションビルの拡大

都市インフラセクター(運輸編)

④ゼロエミッションビークルの普及促進 <※>

資源・産業セクター

⑤3Rの推進

⑥プラスチック対策 <※>

⑦食品ロス対策

⑧フロン対策

気候変動適応セクター

⑨適応策の強化 <※>

共感と協働

-エンゲージメント&インクルージョン-

⑩多様な主体と連携したムーブメントと社会システムの変革

⑪区市町村との連携強化

⑫都庁の率先行動

⑬世界諸都市等との連携強化

⑭サステナブルファイナンスの推進

<※>個別計画・プログラム同時公表

光热发电 劣势

 世界有数の大都市である東京はエネルギーの大消費地であり、消費されるエネルギーは、大半が化石燃料に由来するものです。ゼロエミッション東京を実現するためには、使用する全てのエネルギーの脱炭素化が不可欠であることから、再生可能エネルギーの基幹電源化に加え、再エネ由来CO2フリー水素を本格活用し、蓄電や熱エネルギーとしての利用などにより、脱炭素社会の実現の柱にしていきます。


熔盐塔式光热发电站


光热发电耗水

  • 再エネを基幹電源とする100% 脱炭素電力が供給されている
  • 再エネの地産地消とエネルギーシェアリングが標準化 

光热发电 亿利

  • 再エネ大量導入を水素で支える
  • あらゆる分野でCO2フリー水素を本格活用。脱炭素社会を支えるエネルギーの柱に

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※参考イメージ図 参照(PDF:628KB)       



光热发电耗水

 戦略の前提となる状況や社会構造などの変化に合わせ、あるべき将来像を起点にしつつ、科学的知見や技術開発の動向も踏まえ、目標や施策をさらに高めていきます。

 本戦略を都民、企業、NGO、区市町村、国内外の諸都市など、多様な主体と共有し、力を合わせてこの一大プロジェクトに取り組み、持続可能で魅力あふれる都市・東京を構築していきます。


※U20(Urban20)の概要
2017年12月、C40等との連携の下、ブエノスアイレス市長及びパリ市長により設立された都市によるプラットフォーム。G20の議論に都市の経験や意見を反映させることを活動主旨とする。東京都は2019年議長都市として5月の会議を主催

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は総務部 環境政策課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

ピックアップの表示にはJavaScriptを使用しています。
ピックアップ情報はトップページへ

以下フッターです。